about

「海を渡った故郷の味 − Flavours Without Borders」は、日本にも様々な迫害から逃れてきた難民が暮らしていることを、もっと多くの方に知っていただきたいという思いから生まれました。

収録されているレシピは、すべて、日本にいる難民の方から教えて頂いたもの。アジア、中東、アフリカの15の国・地域出身の方々とともに、45のレシピを集めました。

家庭料理の味や匂いの記憶は、生まれ育った土地の記憶を呼び起こすもの。それは、母国から逃れてきた難民にとって、迫害という過酷な経験を想起するものかもしれません。しかし、共に料理を囲んだ大切な人たちとの思い出も、その記憶にはつまっています。

This cookbook "Flavours Without Borders" is dedicated to those who have taken refuge in Japan. The purpose of the book is to raise awareness to a greater audience about their stories.

In this book, there are recipes shared by refugees from 15 countries and regions in Asia, the Middle East and Africa.

Although refugees' memories may sometimes be hated by experiences of oppression, the aroma and taste of their native dishes invoke memories of home and important people in their lives.
This book is dedicated to those who have taken refuge in Japan.